小児画像診断における放射線リスクの伝え方(翻訳版のご紹介)

2016年にWHOより提示された「Communicating radiation risks in paediatric imaging」の翻訳版がWHO のホームページに掲載されました。小児画像診断について背景やリスクと便益についての対象別のコミュニケーションなどが掲載されています。放射線科における小児画像診断の正当化を計る上で有益な情報となるものでしょう。

小児画像診断における放射線リスクの伝え方 http://apps.who.int/iris/handle/10665/205033

原文

Communicating radiation risks in pediatric imaging

Information to support healthcare discussions about benefit and risk

http://www.who.int/ionizing_radiation/pub_meet/radiation-risks-paediatric-imaging/en/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ