平成27年度日本放射線公衆安全学会学術大会

下記の企画は、平成27年11月21日(土)に終了しました。

 

実施結果については、レポートをご参照ください。

 

 

 

 

 「診断参考レベル(DRL)の導入と活用方法を探る」と題し、都道府県単位で行なわれている活動をもとに、DRLの活用方法を皆様と共に模索します。“画質を担保して被ばく線量の最適化を如何に実現していくのか”わが国初のDRLを充分に活用し、私たち診療放射線技師の職責を如何に全うすべきか皆様と意見交換が出来れば幸いです。

 奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

    

                 ~プログラム~

 

日時:平成27年11月21日(土)15:40~17:10

場所:国立京都国際会館 

                                                       司会 上尾中央総合病院 佐々木 健 

  1. 学会長講演(15分)

      「診療放射線技師の責務」     日本放射線公衆安全学会 会長  清堂 峰明

  2. 学会企画(60分)

      「線量評価とDRLの活用」

                                                          座長   茨城県立医療大学    佐藤 斉

                                                            座長  横浜労災病院         渡邉 浩

                                   

    1. 茨城県  【DRL調査取り組み】               茨城県立医療大学       佐藤    斉

    2. 神奈川県 【DRL調査取り組み】             横浜労災病院     渡邉    浩

    3. 埼玉県   【一般撮影、CT】                     上尾中央総合病院       滝口    泰徳

    4. 秋田県   【透視】                                  市立横手病院     法花堂 学

    5. 大阪府   【血管造影・IVR】                    ベルランド総合病院    鈴木    賢昭

    6. 山梨県   【DRL調査取り組み、まとめ】     石和共立病院     佐藤    洋一

     

総合討論(15分)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ