年頭のご挨拶

謹んで新春のお喜びを申し上げます。

昨年は日本各地で起きた自然災害により多くの被害をもたらしました。心からお見舞いを申し上げます。復興も進み幸の多い2019年にあることを願っています。

さて,日本放射線公衆安全学会は昨年で創立から15年を迎えたところです。新しいこの年は,16年目として次のステップへの第一歩となる年でもあります。放射線障害防止法改正の最終年,また,医療法省令改正の初年となり,放射線利用のセキュリティ強化,質の向上が求められることとなります。医療被ばくの最適化が継続的に行われるシステムづくりや放射線安全管理の組織づくりが喫緊のミッションとなっています。現場に即した対応に役立つ情報発信に努め,講習会等を企画していきたいと思います。2019年も学会活動への積極的な参加をどうぞよろしくお願いします。会員の皆様の幸多い年となることを祈願しています。

2019年元旦

日本放射線公衆安全学会 会長 清堂 峰明

ツールバーへスキップ