年頭の御挨拶

新年あけましておめでとうございます。謹んで新年のお喜びを申し上げます。

2020年は子年です。十二支のローテーションに一番最初に登場する干支です。また,56年ぶり(前回の日本開催は1964年)に東京オリンピックも開催されるといった一つの大きな節目を迎える年でもあります。医療放射線の分野では,改正医療法省令「診療用放射線に係る安全管理体制に関する規定」が2020年4月1日から施行されます。医療安全の柱の中に放射線管理も取り入れられたもので医療放射線利用にとっては大きな転換期といえます。医療機関組織の中で医療放射線の安全管理を医療安全の一つの柱として機能させていくことが規定されました。正当化,最適化が一層推進されなければなりませんし,伴って情報の蓄積,評価,共有化も必要とされます。これらは,社会が医療に望んでいることであり,真摯に受け止めなくてはならないと思っています。診療放射線技師の責任,役割も今以上に求められることと思います。これまで日本放射線公衆安全学会で行ってきた実践的なノウハウを生かして,医療現場に必要とされる医療放射線安全管理の情報を提供していきたいと思っています。

会員の方のご活躍を祈願しています。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

2020年1月1日

日本放射線公衆安全学会 会長 清堂 峰明

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ