福島県伊達市の「放射線についての教育副読本」の紹介

 2011年3月の福島第一原子力発電所の事故以来、各地で様々な取り組みがなされています。平成25年9月に福島県伊達市では市教育委員会が放射線教育の推進を目的とし「伊達市内の状況に合わせた、より身近な内容の教材や資料が必要である」ということから独自の副読本を作成しました。

 副読本についてはどなたでもダウンロード可能ですのでダウンロード先を紹介します。

 

 伊達市教育委員会 伊達市放射線教育副読本の情報はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ