平成26年度日本放射線公衆安全学会学術大会

下記の企画は、平成26年9月20日(土)に終了しました。 

 

実施結果については、レポートをご参照ください。

 

 

 

日時 : 9月20日(土)13:10~14:40

場所 : 第30回日本診療放射線技師学術大会 第7会場 

   (大分県別府市別府国際コンベンションセンター B-Con Plaza)

 

 

<プログラム>

 

総合司会:日本放射線公衆安全学会 副会長 渡邉  浩

 

1.学会長講演 

 「福島第一原子力発電所事故から惹起された放射線被ばくへの不安に応える」

日本放射線公衆安全学会 会長 諸澄 邦彦

 

2.研究班報告

(1)「原子力規制委員会(原子力規制庁)による放射線規制の動向調査」

県立安芸津病院 清堂 峰明

 

(2)「ポータブルならびに外科用イメージの利用における放射線安全管理に関する全国調査とガイドラインの策定研究」

 1)ポータブルアンケート調査結果及びガイドライン(案)の提案

日本医科大学多摩永山病院 笹沼 和智

 

2)X線透視下外部業者立入アンケート調査結果及びガイドライン(案)の提案

上尾中央総合病院 佐々木 健

 

3)総合討論 

                                                                                                                         横浜労災病院 渡邉  浩

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ