第14回講習会開催される

3月25日(日)神奈川県横浜市鶴見大学会館にて第14回講習会「医療被ばく低減施設認定の受審準備のポイント」が開催されました。参加者は109名と本会講習会の歴史の中で最多となり、医療被ばく低減施設認定についての関心の高さが伺われました。本講習会は医療被ばく低減施設認定受審についてのノウハウを凝縮し、線量評価から相談の実際まで幅広い内容となり、最後に行われた総合討論の場においても具体的な質問が数多く出され活発な意見交換がなされました。

最後に、諸澄会長より「安全で安心な放射線診療を世間にアピールするためにも、本日の参加者の施設から多くの受審申し込みを期待している」と閉会挨拶にて述べられ、成功裏に会を終了しました。

是非、会員皆様の多くの施設での受審申し込みに期待します。

 

講習会参加者からの印象記

 

 

     

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ