第18回講習会開催報告

 平成26年3月2日(日)、日本診療放射線技師会講義室においてテーマを「医療被ばく相談実践へのアプローチ」と題して第18回講習会を開催しました。前回好評だった第17回講習会の講習スタイルと同様の前半部を医療被ばく相談に必要とされる内容に関する講義,後半部を実習形式としました。

 実習開始時は参加者された方の緊張もみられましたが,実習後半には慣れた様子で,前半部の机上講義を活かした相談者への対応が実習できたと思います。今回の実習では日常遭遇する頻度が高いと思われる相談事例を設定しましたが,実際の医療現場では実にさまざまな問題を抱えた患者が訪れます。少しでも本講習会が,診療放射線技師を訪れる相談者への対応に役立てば幸いです。また,講習会を企画した当学会スタッフも参加者の皆様より医療被ばく相談の手法に関するさまざまな方法や問題点などを教えていただきました。

 今後も参加者の皆様と一緒にスキルアップができるような講習会を企画したいと考えております。

(担当理事 佐藤寛之)

 

 

 

 

講習会参加者からの印象記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ