第19回講習会開催報告

 5月25日(日)東京都港区の日本診療放射線技師会講義室において第19回講習会「医療被ばく低減施設認定受審に必要な線量測定の実際と項目の解釈」が46名の参加にて開催されました。この講習会は医療被ばく低減施設受審への取り組みについて様々な方向からアプローチするもので、受講者からの取り組みに当たっての相談といった個別対応も行いました。医療被ばく低減施設は病院における放射線診療が如何に安全に行われているか、また医療被ばく低減についての取り組み状況や、医療被ばく相談の出来る体制整備といった内容を審査基準とし、これが満たされている施設を認定するものです。医療被ばく低減施設は日本における医療被ばく低減の拠点となるべく施設で、2014年4月末現在で全国に44施設があります。お近くの医療被ばく低減施設については日本診療放射線技師会ホームページよりご確認ください。

 本会では、今後も国民皆様のお役に立つ講習会を企画・運営していきたいと考えます。

 

日本診療放射線技師会ホームページ 医療被ばく低減施設

http://www.jart.jp/activity/teigenshisetu.html

 

 

  

 

  

 

 

講習会参加者からの印象記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ