第20回講習会 散乱線分布図作成ソフトの使い方

 

 みなさん!第20回講習会に参加して散乱線分布図作成ソフトを使ってみましょう!

 このソフトを使用することで評価したい場所の柱の配置などといったレイアウトを考慮した散乱線分布評価が可能となります。では評価して何に使うの?と次のステップを考えているみなさん、利用方法はたくさんあると思います。もちろん患者さんやご家族の方への説明用に使用したりとさまざまな使い方があります。このようなソフトを利用して放射線安全管理を進めてみてはいかがでしょうか。

 

線量マップの具体例についてはこちらよりご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ