WHO 福島第一原子力発電所事故におけるに関する報告書

  2013年2月28日 WHOは福島第一原子力発電所事故における健康影響に関する報告書を示した。

この報告書によりますと、被ばくによる影響について事故当時、1歳・10歳・20歳の男女の甲状腺がんと乳がん、大腸がんなどの固形がん、白血病になるリスクを生涯と事故後15年で予測したところ、被ばく線量が最も高いとされた浪江町の1歳女児は生涯で甲状腺がんの発生率が0.77%から1.29%へと増加すると予測しています。さらに、事故後15年では、1歳女児の甲状腺がんが浪江町で0.004%から0.037%へと約9倍、飯舘村では6倍になると予測しています。

 

Global report onFukushimanuclear accident details health risks/en/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ