日本放射線公衆安全学会 第28回講習会 参加印象記が届きました

「改正RI法における医療現場の対応の最終準備」参加印象記として
熱海所記念病院 中谷幸太郎

法令改正にあたり放射線障害予防規定の改訂作業を進めるうえで、不明な点や不安を感じることが多々あったために今回の講習会に参加させていただきました。講習会当日の朝は雪がちらつき積雪の予報も出ている中で、開始時刻前より参加者の方々がほぼ集まっており本講習会の関心度の高さを感じました。
講習の内容では改訂に必要な項目に関する解説および変更のポイントを中心に各施設の先生による講演を聞き、施設ごとの特徴を踏まえた改定の構成になっていることを深く感じました。当院の放射線障害予防規定の改訂作業を行うにあたり、他施設の規定のコピーでは不十分となってしまう点が一番心配であるため、予防規定の作成方法や進捗状況、ポイントなどはとても参考になりました。当院の規模は講師の先生方の病院と比べると小さいことからすべてが当てはまるわけでないのですが、放射線安全委員会の組織体制にマネージメント層を取り込む方法や教育訓練の方法、業務改善の取り組み方などは応用させていただく点があり、予防規定の作成に是非取り入れていきたいと思います。
当院は規模が小さく人材が限られている上、治療施設は近隣にないことからあまり他施設の状況を知る環境にないので、本講習会はとても有意義な勉強・交流の場であったと思います。また機会がありましたら、是非参加させていただきたいと思います。どうもありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ